コンパイルを含む、ワードプレスのテーマをLocal(旧Local by Flywheel)で作成する場合にシンボリックリンクを使うようになった

目次

WordPressのテーマをどう管理するか

Local(旧Local by Flywheel)を使用してワードプレスのテーマを作成する時、フォルダ構成とかをどうすればいいのかいつも悩んでいた。

作成したテーマをGithubで管理する場合は、Local(旧Local by Flywheel)のフォルダ構成の中にテーマフォルダを作成し、その中をGit管理し、node_modulesもそこで管理していた。

ただ本当にそれでいいのかしら。

テーマの中にnode_modulesがある場合はワードプレスにアップロードする時はnode_modulesは削除したりして運用していたが、面倒くさい。

そんな時に、いまさらながらと思われるかもだが、シンボリックリンクを知った。

シンボリックを使用してみる

シンボリックリンクを作成すれば、

.
├── .git
├── node_modules
├── package.json
├── src
└── theme-name
    ├── assets
    ├── index.php
    └── ...etc

上記のようなディレクト構成にし、開発ディレクトリのsrcにあるSasstsのようなコンパイルが必要なものを theme-nameにビルドすることで、theme-nameに不要なものを格納せずに済む。

そのうえで、theme-nameLocal(旧Local by Flywheel)wp-content/themes/theme-nameとリンクさせれば、良い。

コマンドプロンプトを管理者で開き、下記コマンドを実行する。

mklink /D "C:\Users\USER_NAME\Local Sites\SITE_NAME\app\public\wp-content\themes_link" "C:\Users\USER_NAME\デスクトップ\SITE_NAME\wp\wp-content\themes/theme-name"

上記はシンボリックを作成するコマンドで

mklink /D <シンボリックリンクのパス> <リンク先のパス>

となる。

次に読むおすすめ記事

特定のページでコメント投稿欄が非表示になっていたので、原因を調査してみた。

大量のスパムコメントが来るようになったのでreCAPTCHAで対応する

Subversion (SVN) を使用し承認されたWordPressプラグインをリリースしてみる

WordPressの公式プラグイン申請をしたら修正点が書かれたレビューメールがきた

今後のことを考え、WordPressの記事をGitで管理しGithubに一元管理することにした

この記事に対するコメント

お気軽にコメントを下さい

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です