Vue3のベースプロジェクトを作成したので、仕上げにhuskyを導入する

過去に作ったVue3のベースプロジェクトにコード整形のプラグインを入れ、設定していく。

仕上げにhuskyを導入する。

目次

コードフォーマット系のプラグインは以前の記事で入れたので、コマンドを実行すれば、コードが統一化される。

だがしかし、コマンドを実行することを忘れることがあるだろう。人間だもの。

ということでhuskyを導入し、コミット時にコマンドを走らせるようにする。

huskyとは

公式サイトのGoogle翻訳によると、

Husky はコミットなどを改善します 🐶 ワン!

コミットまたはプッシュするときに、コミット メッセージのリント、テストの実行、コードのリントなどに使用できます。Husky はすべての Git フックをサポートしています。

とのこと、ワン!

つまりgitに対する処理をフックとして何らかの処理を行うことができる。

今回はコード整形の処理を行っていく。

huskyをインストールする

基本的に公式を見れば問題ない。

てかそもそも公式を見れば大抵のことは問題ない。

npx husky-init && npm install

で、公式によると↑を実行すれば基本的にOKとのこと。

上記を実行するとrootに下記ファイルが作成される。

.husky\pre-commit

中身を見てみると

#!/usr/bin/env sh
. “$(dirname — “$0″)/_/husky.sh”

npm test

と書かれているのでnpm testの箇所を自身の実行したいコマンドに変更する。

で、コミット時に実行したいコマンドが実行されていればそれで問題なく完了。

次に読むおすすめ記事

Angular Material UI でカスタムカラーを設定する。

JavaScriptで1行足すだけで、以降の処理を5秒間待つことができる

javascriptでimportするときに { 中括弧 } をつける時とつかない時があって釈然としない

JavaScriptの配列で重複したものを削除し、ユニークな配列を作成する

今更ながら、即時関数がとでも便利でかっこいい

この記事に対するコメント

お気軽にコメントを下さい

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です