フォルダをツリー構成で綺麗に表示したい。vsCodeでtree コマンドがなくても表示できる

treeコマンドで表示用のフォルダ構成を生成する。

目次

treeコマンド

treeコマンドとは、フォルダ構成とかを綺麗に表示してくれるもの。

実際に吐き出されるソースの見本は下記記事を参照。

インストールしたreact のファイルを検分する

使い方は簡単で、コマンドを開き、

cd 表示したいフォルダ
tree

で、きれいに表示される。

ちなみに、ファイル名まで表示したい場合は、

tree /f

で、実行する。

bash: tree: command not found

Windowsのコマンドなので(?)、vsCode 上で実行すると

bash: tree: command not found

というエラーができる。

そういう時はコマンドに行けばいいのだが、どうしてもvsCodeでやりたい時は下記コマンドで実行可能となる。

pwd;find . | sort | sed '1d;s/^\.//;s/\/\([^/]*\)$/|--\1/;s/\/[^/|]*/| /g'

参考:Windowsファイルツリー構造の表示とテキスト保存

参考:tree コマンドが無い環境で tree コマンドを実現

次に読むおすすめ記事

VS Codeの拡張機能「Ascii Tree Generator」を使用しツリーファイル構造をサクッと作成する

フォルダをツリー構成で綺麗に表示したい。vsCodeでtree コマンドがなくても表示できる

VSCodeの拡張機能「Draw.io Integration」でER図を作成する

来世でも使うと思われるVisual Studio Codeの拡張機能をまとめてみた

この記事に対するコメント

お気軽にコメントを下さい

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です