TypeScriptで定義済みの型からプロパティを取り出し新しい型を作る方法

目次

過去に定義した型から新しい型を生成する

TypeScriptで型を定義したのち、その中の一部を使いたくなる時がある。

例えば、Personという型を定義した時、

export interface Person {
  age: number
  sex: 'man' | 'woman'
  bloodType: 'A' | 'B' | 'O' | 'AB'
}

bloodTypeという型を使用したいという時がある。

そういう時は、

export type BloodType = Person['bloodType']

上記のように書くことで型を取り出すことができる。

最初から最小で作るの吉?

export interface Age {
  age: number;
}

export type Sex = 'man' | 'woman';

export type BloodType = 'A' | 'B' | 'O' | 'AB';

export interface Person {
  age: Age;
  sex: Sex;
  bloodType: BloodType;
}

そもそも上記のように最小で作っておいた方がいい?

ただ使わないものも多いので、取り出す方が労力が少なく済みそうな気がする。

次に読むおすすめ記事

React NativeにTypeScriptを導入する

TypeScriptのIndex Signatureでプロパティに制限をかけたかったので、今更ながらよくよく調べてみた

次世代フロントエンドツールViteを用いて、React+TypeScript+Tailwindcssの環境を開発する

この記事に対するコメント

お気軽にコメントを下さい

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です