AngularでObjectを返すカスタムPipeを作ったがValueへのアクセス方法がわかなかったので調べてみた

AngularのカスタムPipeObjectを返すようにしたが、参照方法がわからなかったので調べてみた。

目次

Objectを返すPipe

template側で展開するとこんな感じのやつ。

value | customPipe |json

{hoge:'hoge', fugo:'fugo', piyo.'piyo'}

参照方法は簡単

(value | customPipe).hoge
// hoge

で参照できる、ただこれだけ。

次に読むおすすめ記事

Angularとセットで使うことが多いmaterial UI をインストールする

Angularでコンポーネントを再レンダリングする

Angular Material UI でカスタムカラーを設定する。

Angularでwebアプリを作成する時「コンポーネントのベストプラクティス」

Angularをバージョン指定でインストールする方法は?

この記事に対するコメント

お気軽にコメントを下さい

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です