今後のことを考え、WordPressの記事をGitで管理しGithubに一元管理することにした

Wordpressの記事をどう管理していくかずっと考えていたが、とりあえずの解答をそろそろ出さなければいけない(強迫観念)...、ということで、Wordpressの記事をGitで管理することにした。

目次

なぜGit管理をするのか

過去にいくつものブログをCloseさせ、その記事データは残ってない。 なんでエクスポートしなかったんだろうという思いがたまに頭をもたげる。 そしてまた新しいブログをOpenし、Closeする時、エクスポートせずにサーバーを解約してしまうのである。

エクスポートすればいいとわかっているのだが、ブログをCloseさせる時はもうブログなんてやることないと思っている。 そう思っているので、エクスポートせずに解約する。 そしてまた懲りずにブログを始め、後悔するということを繰り返してきた。

そこで記事をGitで管理しGithubに一元管理しようと思った。

Gitで管理しGithubにあげるメリット

メリットはいくつもある。

  • マークダウンで書ける
  • どこでも書ける
  • 気に入っているエディタで書ける
  • まるで仕事しているかのように会社でこっそりブログを書ける

特に最後のメリットはでかい。 というのもこのブログは主に技術を扱っている。そして新しい技術を得るのは主に仕事中のことである。家に帰って書こうとしても忘れるし、該当のコードがわからなかったりする。だからこそ、学んだ瞬間に会社で書けるというメリットはでかい。

そういうわけで、記事を資産化していく。

次に読むおすすめ記事

変更したファイルを最短でPushするGitコマンド

git pullした時に、「error invalid path」というエラーが出たので解決する

Gitブランチで作業中に他ブランチをmergeしたくなったけど、現在の作業をまだmergeしたくない時の対処方法はstashする

WardPressの管理をGit Flowで管理していたが、VSCodeの拡張機能「WordPress Post」を使うことで世界が変わった。

この記事に対するコメント

お気軽にコメントを下さい

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です