今更ながら、即時関数がとでも便利でかっこいい

即時関数を改めて調べたので、備忘録も含めて書いてみた。

目次

いや、本当に今更なんだけれど、JavaScriptの復習をしていて、「即時関数」の便利さ、スマートさに気が付いた。

即時関数を使ってみた

今まで初回実行 & 使い回す場合は

const consoleHello = () => {
    console.log("hello")
}
consoleHello()

のように、書いていた。

が、即時関数を使えば、

const consoleHello = (() => {
    console.log("hello")
})()

のように書くことができる。

つまりこれで初回実行 & 関数としての使い回しが可能なのである。

なんで、いままで使ってこなかったのか。

使い回せない

と思ったけど、使い回せなかった。

まあ、即時って言ってるし…

つまりこういう使い方じゃない。

使い回すことはできなかったけど、中に関数を書くことはできた。

const consoleHello = (() => {
    console.log("hello")
    return {
        consoleGoodbye: () => {
            console.log('goodbye')
        }
    }
})()
こんな感じで関数を書いて、


<button onclick="consoleHello.consoleGoodbye()">JavaScriptを実行する</button>

で、実行できる。

うーん、なるほど。

つまりタイトルでスマートとか書いたけど、思っていたスマート差はなかった…気がする。

次に読むおすすめ記事

react を適当に触って確かめてみる。

インストールしたreact のファイルを検分する

javascriptでimportするときに { 中括弧 } をつける時とつかない時があって釈然としない

Angularをバージョン指定でインストールする方法は?

Angular Material UI でカスタムカラーを設定する。

この記事に対するコメント

お気軽にコメントを下さい

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です